趣味・レジャー

ラグビーW杯で売れ行き好調 定着するか「サービス付き」高額チケット (1/2ページ)

 9月20日の開幕まであと1カ月を切ったラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で、高額のチケットの売れ行きが好調だ。試合観戦と飲食などのサービスを組み合わせた「ホスピタリティパッケージ」と呼ばれる商品で、商用を中心に人気を集めている。来年の東京五輪でも今月下旬から同様の商品の販売が始まる。欧州では定着している観戦スタイルだが、日本でも根付くか。関係者は「W杯と五輪が2年連続で行われるのを機に、浸透させられれば」と意気込んでいる。(浜田慎太郎、久保まりな)

 ホスピタリティパッケージは試合観戦だけではなく、食事や飲み物、元選手らによる試合解説などが付いた商品で、ラグビーW杯では2007年から始まった。今回はこれまでの大会などで実績がある英旅行会社STHグループとJTBが専門会社「STH Japan」を設立し、日本大会の販売を担っている。

 会場によって異なるものの、パッケージは約10種類と豊富で、価格は5万円台から。最も高価な「ウェブエリス・スイート」は1人199万3500円。日産スタジアム(横浜市)で行われる全7試合をカテゴリーAの席で観戦し、会場そばに設けられる専用個室で飲食を楽しめる。

 試合開始の数時間前から、高級レストランのような食事を楽しみ、試合開始時間になれば会場に移動して観戦。その後、また個室に戻り、飲み物を飲みながら試合の感想などを話題に談笑する-というのが過ごし方の一例だ。同社によると、主に商談や接待用で需要があり、「ウェブエリス・スイート」は18年2月の販売開始から約半年で売り切れたという。そのほかのパッケージも好調な売れ行きで、当初目標としていた5万セットをすでに販売し、前回15年イングランド大会の7万7千セットに迫る勢いだ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus