趣味・レジャー

政府がIR選定基準案を公表 「国際競争力、訪日客増に貢献」

 政府は4日、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の立地区域選定に向けた基本方針案を公表した。海外の他施設との国際競争力があり訪日外国人の増加に貢献できることを求めた。

 10月3日まで一般からの意見を聴いた後に、基本方針を来年初めごろに決定する。これを受け、自治体は事業者と共同で整備計画を提出する。

 IRは横浜市や大阪府・市、和歌山、長崎両県が誘致を表明。設置は最大3カ所で、来年中にも選定し、開業は2020年代半ばになる見込み。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus