趣味・レジャー

企画展「科学のふしぎ写真展」 身近な現象から科学への関心高める

 ニコンが運営するニコンミュージアムは28日まで、企画展「科学のふしぎ写真展」を開催している。科学写真家の伊知地国夫氏が撮影した作品約20点を展示するとともに、各作品の狙いや撮影方法をパネルで解説する。

 展示作品は、全てフルサイズミラーレスカメラ「ニコン Z 7」で新たに撮影したもの。「水入り風船の破裂」は、ゴム風船に水を入れてつるし針で割り、その瞬間をフラッシュの閃光(せんこう)で映し止めた作品。このほか「蚊取り線香の煙」「CDにうつる虹の輪」など身近な現象を科学的な視点で撮影。肉眼では見ることのできない不思議な世界が広がっており、写真を通して、子供たちの科学に対する理解を深め、関心を高めるきっかけとなることを狙いとしている。また、科学写真を撮影できる撮影コーナーも設置。

 場所はニコンミュージアム(東京都港区港南2-15-3 品川インターシティC棟 2階)。時間は午前10時~午後6時。入館料は無料。

 03・6433・3900

 www.nikon.co.jp/profile/museum

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus