趣味・レジャー

無病息災祈願の重陽神事 烏相撲を奉納 京都

 悪霊退散と長寿を願う重陽(ちょうよう)の節句の9日、京都市北区の上賀茂神社で子供たちが相撲を奉納する烏相撲(からすずもう)が行われた。平安装束に身を包んだ葵祭の今年の斎王代、負野(おうの)李花さんが見守る中、地元の男児20人が元気に取組を奉納した。

 烏相撲は神事に引き続き、細殿前に設けられた土俵で行われた。白装束に烏帽子(えぼし)姿の2人の氏子がピョンピョンと横飛びをして、「カーカーカー」「コーコーコー」とカラスの鳴きまねを合図に取組が開始。

 同神社の祭神、賀茂別雷大神(かもわけいかづちのおおかみ)の祖父、賀茂(かも)建角身命(たけつぬみのみこと)が神武天皇の東征に際し、八咫烏(やたがらす)に姿を変えて先導した故事にちなむ。後に五穀豊穣(ほうじょう)を願う相撲と結びつき、平安時代から神事として続いているという。

 9月9日は、陽の数字(奇数)の9が重なることから「重陽」と呼ばれ、宮中などでは菊酒を飲んだり、邪気を払うとされる菊の花に付いた朝露で肌をぬぐったりしたという。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus