ヘルスケア

マダニ媒介「日本紅斑熱」 静岡・清水の女性発症

 静岡県は3日、清水町在住の70代の女性がマダニの媒介による「日本紅斑熱」を発症したと発表した。女性は入院中だが、快方に向かっているという。今年に入ってから県内での発症者は8人目(うち1人死亡)で、過去最高を更新した。

 県によると、女性は9月13日ごろ、自宅の庭で草むしり中にダニに咬まれ、20日に紅斑が出たため、30日に医療機関を受診。今月1日に県東部の医療機関に入院し、翌2日に県環境衛生科学研究所で検査した結果、日本紅斑熱と判明した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus