試乗スケッチ

レクサス初のEV「UX300e」に極秘試乗 HVやガソリン車を上回る安定感 (1/2ページ)

木下隆之
木下隆之

 「レクサスUXにEVモデルが加わる」-。そう聞いて向かったトヨタの東富士テストコースで目にしたUXのピュアEVは、外見を舐め回すように凝視しない限り、ガソリンエンジン搭載車との相違点は見当たらない。フロントマスク付近にさり気なく意匠の変更が施されているにすぎないのだ。

 厳重な極秘体制が敷かれた試乗会

 今回の試乗は極秘であり、広報写真も資料も用意されていなかった。スマホ撮影も厳禁だ。カメラのレンズにはシールが貼られた。盗撮するチャンスも得られない。それほど厳重な極秘体制が敷かれているのだから、従来型とはガラリと姿形を変えているのかと身構えていたのだが、予想に反してごく自然な作り込みだったことに驚かされた。つまり、これみよがしの意匠チェンジで陥りがちな滑稽がないのだ。

 ほぼ市販に近い姿であろう。公式デビューは11月下旬の中国広州モーターショー。そう、レクサスがEV化で湧き立つ中国市場がターゲットなのである。

 関係者のヒソヒソに耳を傾けた情報によると、バッテリーはリチウムイオンの50kWh、モーターは150kWを発揮するという。最大トルクは300Nm。1リダクションシステムであり前輪で駆動する。0-100km/hは約7秒。最高速度は160km/hに達する。聞きだしたスペックはそこまでである。

 ドライブした印象は、走りの確かさを感じるものだった。というのも、販売の多くは中国であり、UXの世界販売の8割を大陸に仕向けると言う。となれば、走りの性能よりも環境性能だけが重視されているのかと思っていたものの、EVのメリットを走りにも活かしていた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus