教育・子育て

小泉進次郎氏が育休を取得したら、日本社会にどんな影響を及ぼすのか (1/3ページ)

 小泉進次郎氏の第一子誕生が迫ってきた。依然として小泉氏の育休取得に注目が集まっているが、本人の発言はややトーンダウンぎみ。1年間の育休取得経験のある筆者が期待することとは。

 いよいよ出産予定、進次郎氏の育休取得は?

 先日、フィンランドで世界最年少、34歳の女性首相が誕生し、女性が半数以上を占める内閣を発足させた。女性閣僚が居並ぶ写真を見るにつけ、その活躍ぶりには目を見張る限りだ。北欧各国では、男性の育休が何ら珍しくないこともあり、女性の社会進出もごく自然な流れという。翻って、男性の育休取得が遅々として進まない日本。2020年1月の第1子誕生を控え、育休取得を検討している小泉進次郎環境相の動向に注目が集まっている。小泉氏は今、何を考え、どのような決断をするのだろうか。

 米国の有力雑誌タイムがこのほど、世界で最も影響力がある「次世代の100人」に選び、次の首相候補の一人に紹介した小泉氏。国内メディアの世論調査でも「次期首相にふさわしい人物」として常に上位に位置しており、首相候補との見方は国内外で定着している。その将来を渇望されているのは、衆目の一致するところだ。

 堅くて古い日本を変えられるか

 昨年8月、滝川クリステルさんとともに首相官邸を訪れ、安倍晋三首相や菅義偉官房長官に結婚、妊娠を報告した。その後の記者団へのぶら下がりで、育休取得を検討しているとの意向を表明。異色のビッグカップル誕生に、一般ニュース番組だけでなくワイドショーでも大きく取り上げられた。国会議員による育休取得の是非をめぐっても、当時入閣が取りざたされていたことと相まって、大きな議論が沸き起こった。

 9月の内閣改造で、当選4回目の38歳で環境相に抜擢された直後には「(育休取得を)検討していると言っただけで、こんなに賛否両論含めて世の中が騒ぎになっている。日本って堅いね、古いね」と揶揄しつつ、自らの発信力が長けているとの自信をのぞかせた。ニューヨーク訪問時の「気候変動問題にセクシーに取り組む」とのいわゆるセクシー発言は、海外メディアにも報じられた。

 取得に関する発言がトーンダウン

 その後も、育休取得に意欲的な姿勢を示し続けてきた小泉氏だが、最近になって育休に踏み切れなかった場合を見据えた「予防線」を張り始めた。11月の会合で「環境省職員にとって育休を取りにくい環境を残したまま、(自分が)取るわけにはいかない」と発言をトーンダウン。小泉氏に近い若手国会議員によれば「閣僚という重責なので、まとまって休むわけにはいかないのではないかと悩んでいるようだ」という。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus