ヘルスケア

新型肺炎で日本への渡航「高度の警戒」 豪、韓国の一部には「再考」求める

 オーストラリア政府は24日までに、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、日本への渡航情報を4段階で下から2番目の「高度の警戒」に引き上げ、日本への渡航には予防措置を講じるよう求めた。

 韓国も日本と同じレベル2とし、大邱市など一部地域は「渡航の再考」を求める一段上のレベル3とした。オーストラリア政府は1日以降、中国本土に対しては4段階で最も厳しい「渡航禁止」とし、14日以内に中国本土に滞在した外国人の入国を拒否している。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus