ヘルスケア

東京都民「危機意識高めて」 コロナ対策会議で小池知事

 東京都は27日、新型コロナウイルス感染症の対策本部の会議を開いた。感染拡大に備える改正特別措置法(新型コロナ特措法)に基づき、首相が緊急事態宣言を発令できるようになったことに伴い、都から国に運用方法の検討や、結果の情報提供を求めていることが報告され、小池百合子知事は「危機意識を高める必要がある」と述べた。

 来週以降も平日はできるだけ在宅勤務することや、夜間や週末の不要不急の外出自粛を求める都民への要請内容を再確認。一部で見られる食料品の買いだめなどの行動に「必要な量の購入にとどめ、冷静な行動をお願いしたい」と呼び掛けた。

 政府の対策本部立ち上げに伴い、都も26日に対策本部を設置した。

 会議では、都庁職員がこれまで感染防止策として週4日実施していたテレワーク勤務を、来週から原則毎日とし、終日か午前、午後のいずれかに取り組むことも報告された。

 小池百合子知事は26日夜、安倍晋三首相と官邸で面会し、空港検疫といった水際対策強化や大胆な財政措置などを要望した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus