ヘルスケア

世界の新型コロナ感染者が100万人超える 死者は5万人超

 【ロンドン=板東和正】米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、新型コロナウイルスの感染者が2日、世界全体で100万人を超えた。死者も5万人以上に上り、拡大に歯止めがかからず、危機的な状況が続いている。

 新型コロナの感染者数は3月26日に50万人を上回ってから1週間で倍増した。 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は今月1日、ジュネーブの記者会見で、新型コロナについて「数日以内に(世界の全体の)感染者は100万人、死者は5万人に達するだろう」との見方を示していた。

 米ジョンズ・ホプキンズ大によると、米国の感染者数が23万人以上と最も多い。11万人を超えるイタリアとスペインが続いている。

 新型コロナの感染爆発を食い止めようと、世界の主要国は非常事態宣言やロックダウン(都市封鎖)などの手段をとっている。しかし、国民の行動を制限しても感染拡大はとどまる気配をみせない。

 一方、各国が検査能力の増強に乗り出したことも、感染者数の増加に反映されているとの見方がある。フランスが3月28日、1日当たりの検査態勢を10倍以上に増やすと発表したほか、ドイツは週50万件のペースで検査を実施している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus