趣味・レジャー

大相撲の夏場所、名古屋場所が2週間延期 コロナ影響で

 日本相撲協会は3日、東京都墨田区の両国国技館で臨時理事会を開き、5月10日に初日を迎える予定だった大相撲夏場所(両国国技館)の開催を2週間延期することを決めた。新たな日程は同月24日初日、6月7日千秋楽になる。また、7月5日に初日を迎える予定だった名古屋場所(ドルフィンズアリーナ)についても2週間延期し、同月19日初日、8月2日千秋楽に変更する。

 理事会後に記者会見した八角理事長(元横綱北勝海)は「通常開催を目指しながら、縮小しての開催、無観客開催、中止を含め、あらゆる角度から柔軟な姿勢で検討する。再び変更の可能性がある」と話した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus