趣味・レジャー

ドイツサッカーリーグ、用意周到に再開 それでも国民の過半数は批判 (1/2ページ)

 新型コロナウイルス感染が猛威を振るった欧州で、サッカーリーグの再開に向けた動きが加速している。16日には、先陣を切ってドイツ1部リーグが約2カ月ぶりに無観客で再開した。ドイツサッカーリーグ(DFL)はガイドラインの策定や定期的なPCR検査の実施など、再開に向けて周到に準備を進めてきた。イングランドなど他の主要リーグも6月中の再開を目指している。欧州サッカーを取材してきたジャーナリストらに話を聞いた。

 1週間前から隔離合宿

 ベルリン在住で、10年以上サンケイスポーツで通信員を務める円賀貴子さんは「3月に中断してすぐ、DFLは生き残るには無観客しかないと考え、その方向で再開に向けて突き進んだ」と話す。同月下旬に作業部会を立ち上げ、50ページ以上にわたるガイドラインを作成。段階的にチームの練習も認められてきた。

 ガイドラインでは、試合前の1週間、選手やチーム関係者をホテルなどに隔離し、家族との面会も禁止した。滞在する部屋から出たらマスクを着用する、部屋の清掃やベッドメイキングは自身で行う-などの細かな感染予防策も指示。その上で、隔離前や試合前日など定期的にPCR検査を行い、陽性反応を示した選手が出た場合には、試合の延期などの措置もとられる。

 また、試合会場での予防策も徹底。競技場に入れる人数を最大322人に制限するとともに、動線や時間帯ごとの入場可能エリアを分け、人同士の接触をできるだけ少なくした。ベンチでもマスク着用を義務づけ、水分補給のボトルは共用しないほかゴールしてもハイタッチやハグをしてはならないなど、選手にも規律ある行動を求めている。

 では、リーグの再開をドイツ国民はどう受け止めているのか。「当初はサッカー関係者が検査する分を他に回した方がいいという話もあった。5月6日に再開が発表されたときには、まだ少し早いかなという雰囲気。熱心なファンには、無観客での開催に反対という意見もある」と円賀さん。ドイツ公共放送局(ARD)が15日に発表したアンケート結果では、56%がリーグ再開を批判し、賛成は31%にとどまったという。

 来季のテストケースに

 では、サッカーの母国イングランドはどうか。ロンドンを拠点にプレミアリーグの取材を続けてきたフリージャーナリストの原田公樹さんは「サッカーがない生活は国民の不満の一つになっている。プレミアリーグは総力を挙げて再開に向かっている」と解説する。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus