試乗スケッチ

巨大SUVに追い風? ガソリン安に便乗、贅沢にエスカレードを転がす (1/2ページ)

木下隆之
木下隆之

 ガソリン大食漢のエスカレード

 4月20日、WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエイト)原油先物価格が、1バレルあたりマイナスを記録した。瞬間的とはいえ、今でも25ドル/1バレル前後の低価格で推移している。

 それに合わせ、日本のガソリン価格も低くなった。今年の1 月頃には約145円だった看板価格も、最近では約120円に下がった。地域によって価格差があるにせよ販売価格は低下した。クルマ主体の生活を送るビジネスマンには朗報だろう。

 実はアメリカでは、30ドル/1バレルを境に途端に環境車と大排気量モデルの販売構図が動くと言われてきた。その件に関しては本サイト「クルマ三昧」の記事で紹介済みだが、ともあれ、30ドル/1バレルを下回れば大排気量のピックアップトラックの販売が波に乗り、上回ればハイブリッド車が息を吹き返す。そんなシーソーゲームが繰り返される。

 プリウスとピックアップトラックの構図がそれをあからさまに現す。原油価格を日々調べながら車をチョイスしているわけではなかろうが、市場の購買センチメントは原油価格に敏感なのだ。

 そんなこの時期、イメージ的にガソリン大食漢のキャデラック・エスカレードをドライブしてみた。全長は5195mm、全幅は2065mm、全高は1910mm。岩のような巨大な体躯である。コクピットに乗り込むにもコツがいる。ドアを開けると自動で足元にステップが迫り出してくる。そのステップを階段代わりに足を乗せる。いわゆるトラックによじ登る要領なのだ。それほど大きい。

 エンジンはV型8気筒のOHVである。DOHCが常識のこの時代にいまだに旧態依然のOHVを採用していることも驚かされるが、排気量は6.2リッターに達するというから開いた口が塞がらない。最高出力は426ps、最大トルクは623Nmにも及ぶ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus