ライフ

関西のJR線、大雨見込み19日は運行見合わせや間引き運転実施

 JR西日本は18日、関西で大雨が見込まれる19日の始発から昼ごろまで、計11区間で列車の運行を見合わせたり本数を減らす間引き運転を行ったりすると発表した。天候が回復しなければ、長引く可能性もあるという。

 JR西によると、全線で運転を見合わせるのは、大和路線▽関西線▽草津線▽奈良線▽万葉まほろば線▽加古川線。

 一部で運転を見合わせるのは学研都市線(木津-松井山手)▽和歌山線(王寺-五条)▽姫新線(姫路-上月)。

 間引き運転は、大阪環状線は全線で通常の8割程度に本数を減らし、おおさか東線(久宝寺-新大阪)では直通快速の運転を取りやめる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus