乗るログ

スポーツEVは楽しいか否か 日産「リーフNISMO」が示した可能性 (2/3ページ)

SankeiBiz編集部

 便利なeペダルも搭載

 「Bレンジ」を選択中は減速力も強力に増す。NISMOにもアクセルペダル一本で加速・減速を操作できる「eペダル」を搭載しているのだが、ペダルを踏む力を緩めた途端にグーっと強い制動力を発揮する。減速GもNISMO用に強めているのだ。加速も減速もペダル操作に対する反応がすこぶる速いので、ドライバーの要求を瞬時に実行する気持ちよさと、メリハリの効いた俊敏な走りを楽しむことができる。バッテリー残量が少ないときなど航続距離を伸ばしたいときは、エコモードを使えば加速がマイルドになり、ブレーキング時の回生エネルギーも増強する。「スポーティーだけど電費も激しいBレンジで走りすぎてしまった…」なんてときは、エコモードでパワーセーブすれば電欠の心配も減るだろう。

 NISMOは専用の車速感応式ステアリングとショックアブソーバー(=ダンパー)も搭載している。車速が上がると軽めだったハンドルが引き締まり、より手応えのある操舵感が得られると同時に、狙ったラインを外さない高い応答性も披露する。とはいえ、ガチガチに作り込んでいるわけではないので、誰にでも扱いやすい。18インチの大径ホイールを履かせた足回りに関しては、専用サスペンションで減衰力を強めている影響もあり、路面の様子が足や腕にダイレクトに伝わってくる。これだけロードインフォメーションの入力があるとサーフェスを把握しやすいので、スポーツ走行をしていて安心感がある。逆に言えば乗り心地や静粛性がやや犠牲となっているのだが、所詮そこまで気にならないレベルだし、スポーツマインドを刺激するNISMO仕様なら、むしろこういった味付けのほうがドライバーの感覚やニーズとマッチしそうだ。

 内外装にもNISMOらしさ満載

 鮮やかなレッドのラインが目を引く専用の空力パーツは、ひと目でNISMOだと分かるアイデンティティーとしての役割だけでなく、ダウンフォースの発生や整流効果による直進安定性やコーナリング性能の向上など、しっかりとエアロダイナミクスにも貢献している。実際に高速でカーブを駆け抜けても、車体が路面に吸い付きピタリと安定していた。

 インテリアにも専用デザインを取り込んでいる。ステアリングは本革と高級素材のアルカンターラを巻いており、赤いセンターマークがドライバーの気分をぐっと高める。赤いステッチの入った専用のシート地も飾りすぎておらず受け入れやすい。それにしてもこのハンドルに巻かれたアルカンターラ、汗臭くなってきたら交換できるのだろうかと何度も考えてしまった。ジュークNISMOに乗ったときも同じことが頭に浮かんできた記憶がある。日常での使用を考えると、ユーザーによっては大事なポイントかもしれない。ちなみにNISMOパフォーマンスセンターに問い合わせたところ、「張り替えはできますが、純正パーツが手に入らない場合は、なるべく近い素材と縫い方で対応することになります。自分好みの太さにカスタマイズされるお客様もいらっしゃいます」とのことだった。

 電池の減り具合はなかなかの早さ

 ノーマルのリーフに比べて電費が劣ることは容易に想像がつくだろう。Bレンジで走行を続ければ、バッテリー残量を示すゲージが1%、また1%と結構な早さで減っていくのが分かる。今回、2日間計345kmの行程で2回ほど充電した。ともに電池残量20%ぐらいの時にサービスエリアで30分間の急速充電を行い、70%くらいまで回復させた。その間に食事を取ったのだが、30分間の充電を終えた後ものんびりと休憩すれば、それだけ充電待ちで並んでいる後ろのクルマを待たせることになる。今後のさらなるEV普及を考えると、この辺のマナーも呼び掛ける必要が出てきそうだ。また、充電器の設置数は全国で約3万基(2019年1月時点)と着実に増えてはいるが、ガソリンと違い1回の充電に30分もかかるのが現状。EVが本格普及する前に充電器の口数を増やさないと、充電渋滞が起きるかもしれない。わずか数分で満充電になるとされる超急速充電器の開発にも期待したいところだ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus