趣味・レジャー

5億円で購入した上杉謙信の愛刀、国宝「無銘一文字」公開 瀬戸内市営博物館

 戦国武将・上杉謙信の愛刀とされる国宝「無銘一文字」の公開が10日、岡山県瀬戸内市の備前長船刀剣博物館で始まった。名刀の生産地だった瀬戸内市は、ふるさと納税や寄付で集めた資金を使い、文化庁とも協議の上、所有していた岡山県内の個人から3月に5億円で購入した。

 公開は10月4日まで。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、観覧にはホームページや電話を通じた事前予約が必要。市は日本刀の魅力を発信するため、今後も定期的に披露する方針だ。

 瀬戸内市文化観光課によると、無銘一文字は、同市の長船町地区を拠点に活動した刀工によって鎌倉時代中期に作られたとされる備前刀。上杉謙信や跡を継いだ景勝の愛刀と伝えられている。刃長は約79センチ、反りは3センチ強で、重さ1・06キロ。山鳥の羽毛のように乱れた刃文から「山鳥毛」の愛称もある。昭和27年に国宝となった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus