趣味・レジャー

4連休で空の便、鉄道利用に好転の兆し

 4連休の初日となる19日、羽田空港では地方に向かう家族連れの旅行客の姿が多くみられた。全日空によると4連休の国内線予約数は1日平均6万9000人。19日は8万7000人で2月28日以来の水準となった。日航も19日の予約数が約8万人に上った。新幹線など鉄道も好転の兆しが見え、新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ需要は緩やかな回復傾向にある。

 羽田空港第2ターミナルの保安検査場前には19日朝から、長蛇の列ができていた。「最後尾」と書かれたプラカードを持つ地上スタッフの姿も。沖縄県に家族で旅行する30代女性は「感染症対策をしっかりして楽しみたい」と話した。

 コロナ禍で利用客数は急減。全日空の国内線予約数は、最も少なかった5月で1日平均8000人だった。お盆の期間(8月7~16日)でも1日平均4万8000人、ピークの16日で6万2000人だった。

 JR東日本や東海によると、新幹線などの指定席予約状況は、お盆の期間と比べて上向いている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus