ヘルスケア

子育て女性、コロナ禍での仕事復帰に遅れ 宣言解除後も負担集中か

 新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言の解除後、子育て中の女性の仕事復帰が大きく遅れたことが、労働政策研究・研修機構の調査で分かった。宣言以降休業に転じた人のうち、全体では半分程度が2カ月で仕事に戻ったが、子育て中の女性だけは、ほとんど戻れていなかった。分散登校や保育園の登園自粛要請などに伴い、家事や育児の女性への負担が続いたとみられる。

 調査によると、宣言前の4月1日時点で働いていたが休業した人の割合は5月末が3・3%で、2カ月後には1・6%にまで回復した。一方で「18歳未満の子供がいる人」で見ると女性は7・1%から6・1%とわずかな変化にとどまった。

 仕事がなく求職活動もしていない人の割合は、子育て女性は全体の約2倍にも上り、働くこと自体をやめてしまう傾向も強まっていた。

 調査は20~64歳の会社員4307人を対象に実施。5月と7月時点の回答を分析した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus