ヘルスケア

新型コロナ重症者数、増加予想の東京「通常医療との両立極めて困難に」

 東京都は26日、新型コロナウイルスのモニタリング会議で医療提供体制に関して「今後、重症患者数の増加が予想され、通常の医療体制との両立が極めて困難になると思われる」との懸念が示された。警戒度を上から2番目の「体制強化が必要であると思われる」で維持し、中等症以上の患者の増加に対応できる病床の確保が急務とした。

 感染状況については「急速に感染拡大している」と指摘。「極めて深刻な状況になる前に、感染拡大防止策を早急に講じる必要がある」とし、警戒度を最高レベルの「感染が拡大していると思われる」で維持した。専門家からは「通常の医療が圧迫される深刻な状況を目前にしている」との意見があった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus