ヘルスケア

武田がモデルナワクチン承認申請 国内3例目、政府2500万人分契約

 武田薬品工業は5日、米バイオテクノロジー企業モデルナが開発した新型コロナウイルスワクチンの承認を厚生労働省に申請したと発表した。国内での承認申請は3例目。既に承認された米ファイザー製より、保管や輸送が容易とされる。

 ワクチンは海外の工場で製造し、武田薬品が輸入や国内の供給を担う。日本政府は、6月末までに4千万回分、9月末までに1千万回分の計5千万回分の供給を受けることで契約している。2回接種が必要で供給量は2500万人分に相当する。

 厚労省は、国内の臨床試験(治験)と米国で実施された大規模な治験の結果と合わせて審査する。

 モデルナのワクチンは、28日間の間隔で2回接種する。零下20度前後で6カ月保存するのが可能とされる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus