趣味・レジャー

お待たせ! USJ「スーパー・ニンテンドー・ワールド」きょう18日オープン

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市此花区)は任天堂の人気ゲーム「マリオシリーズ」をテーマとした新エリア「スーパー・ニンテンドー・ワールド」を18日、開業する。17日に報道関係者向けの内覧会があり、ゲームの世界を表現したエリアの全容が公開された。開業は昨夏の予定だったが、新型コロナウイルスの影響で2度延期。当面の間、新型コロナの感染対策として整理券を配り入場を制限する。

 「スーパー・ニンテンドー・ワールド」は、USJが過去最高の約600億円を投じ、任天堂の監修のもと6年以上かけて完成させた集客増の切り札だ。国民的なコンテンツでファンを呼び込みたいUSJとキャラクタービジネスを強化する任天堂の思惑が一致した。

 マリオと一緒にカートを走らせ、迫り来る敵キャラクターのクッパと対決-。

 乗車型アトラクション「マリオカート~クッパの挑戦状~」には、ゲームの世界に誘う演出が盛りだくさんだ。プロジェクションマッピングを駆使したコースでは、乗客が装着する透明なゴーグルにマリオたちが浮かび上がり、最新の拡張現実(AR)技術が体験できる。そのほか、特殊なバンドを付け、ブロックをたたいてコインを獲得するなどマリオのゲームさながらの体験もできる。

 USJ側の企画をもとに、マリオの生みの親でもある任天堂の宮本茂代表取締役フェローらが何度も現場に足を運び監修した。

 任天堂は他社との提携によるスマートフォン向けゲームなど、キャラクターを活用した事業を拡大している。ヒット作に業績が左右されるゲームメーカー特有のリスクを抑える利点もあるが、幅広い層にゲームの世界をアピールできることがメリットだ。

 USJ運営会社の山本歩マーケティングコミュニケーション部長は「初めて親子で楽しめるエリアになった。海外にもファンが多く、新型コロナ禍が終息すれば来場してもらえる」と期待を込める。(山本考志)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus