ライフ

カードローンにリボ払い…赤字がどんどん膨らむ人の残念な特徴 (3/3ページ)

 旅行や車のために借金をするかどうか

 同様に旅行に行ったり、自動車を買ったりする場合にローンを利用するのは「今すぐ行きたい」とか「今すぐ車が欲しい」けど、今お金を持っていない場合にどうするかという判断になります。「やはり欲しい物は欲しい」といってコストを払っても借金するのか、「そのコストは無駄だから我慢して貯めてから買おう」と考えるかはやはりその人の考え方次第です。

 ただ、私は何でもかんでも借金をして手に入れるべきというのは少し考えた方が良いと思います。なぜなら人間の欲望には限りがないからです。欲しい物を手に入れてもまた新たに欲しい物が出てくる、そしてそれを繰り返していると借金が膨れ上がってしまいかねないからです。

 悪い借金とは?

 では次に、“悪い借金”とはどのようなものでしょうか?

 現在は表面金利だけを考えれば、ほぼゼロ金利に近い状況ですが、借金をする場合の金利は住宅ローン金利等を除けば、相変わらず高いままのものもあります。前述したようなカードローンや消費者金融です。なぜこの金利が高いのかは先ほど説明しましたね。自分の限り無い欲望を満たすために、信用度の低い人の金利まで負担してあげるというのは実に不合理な話です。そうした“仕組み上”、金利が高くなってしまっている借金は利用すべきでは無い“悪い借金”です。

 次に気をつけるのは、「借金であることを意識させない借金」です。典型的なのが「リボ払い」です。名前からしてローンとか借金というイメージではなく、何だか払い方のひとつのバリエーションであることを強調しているので、気軽に利用しがちですが、これはまぎれもなく年率15%とか18%という超高利の借金です。リボ払いの問題点は、

 1.借入額が増えても毎月の返済額は変わらないため、借金しているという意識が薄れる。

 2.その結果、知らず知らずのうちに借入額が増え、大きくなりがちである。

 3.借入額が増えると返済期間が長くなるため、返済完了までの利息の負担が激増する。

 4.返済総額が分かりにくいため、いかに多くの利息を払っているかが実感できなくなる。

 といった点にあります。これは実に巧妙に人間の心理を突いた仕組みなので、実際にリボ払いがかさんで苦しんでいる人が多いのは事実です。

 借金が全て悪いことではありませんが、自分にとって「良い借金」なのか「悪い借金」なのか? それをよく冷静に考えてみることが大事ですね。

 ----------

 大江 英樹(おおえ・ひでき)

 経済コラムニスト

 オフィス・リベルタス代表 大手証券勤務を経て2012年独立。行動経済学、シニア層向けライフプラン等をテーマに執筆・講演活動。著書に『「定年後」の“お金の不安”をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法』ほか。

 ----------

 (経済コラムニスト 大江 英樹)(PRESIDENT Online)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus