ヘルスケア

高齢者向け接種1瓶あたり6回に 5月10日の週から

 河野太郎ワクチン担当相は16日の記者会見で、65歳以上の高齢者向け新型コロナウイルスワクチン接種に関し、1瓶当たり6回打てる特殊な注射器を5月10日の週から使用すると正式発表した。「米ファイザーと契約した7200万人分の92%は6回接種できる計算になる。供給が早まることと同じ効果がある」と意義を訴えた。

 ファイザー製ワクチンは従来の注射器なら1瓶当たり5回しか接種できず、ワクチンが無駄になると指摘されていた。政府は特殊注射器の確保に向け、製造業者と交渉を進めていた。

 河野氏は都道府県別の1週間ごとの接種実績数について、19日から首相官邸ツイッターなどで公表すると明らかにした。自治体に届けるワクチンの量と日時の事前通知に関し、従来の4~5日前から遅くとも1週間前には伝えるよう改善する考えも示した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus