趣味・レジャー

「本州で一番早い」海開きを今年も断念 和歌山・白良浜

 京阪神から多くの海水浴客が訪れる和歌山県白浜町・白良浜(しららはま)の海開きについて、町は19日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、「本州で一番早い海開き」の5月3日を断念し、時期未定のまま延期すると発表した。7月23日に海開きした昨年と同じ判断で、今後海開きを実施するかどうかを含めて最終判断する。

 白浜町の海開きは昭和22年以降、毎年行われてきた風物詩。過去には6、7月に行われてきたが、平成12年からは「本州で一番早い海開き」として5月3日にしたが、29年以降は7月に変更。経済団体からの要望を受け昨年、4年ぶりに5月3日に戻す予定だったが、新型コロナの影響で予定通りいかず、人と人の間隔を空けるなどガイドラインを設けたうえで、7月23日に海開きした。

 町は、経済団体からの要望もあり、今年も引き続き5月3日で調整していたが、今月に入り、県内や近隣の大阪、兵庫などでも新型コロナ感染が拡大したことから断念した。

 南紀白浜観光協会の藤田正夫会長は「5月3日の海開きは(観光活性化の)起爆剤になると思っていたが、状況をみればやむをえない。できるだけ早く海開きしてほしいが、コロナの状況を慎重に見極めないといけない」と話した。

 白良浜では昨年、7月23日~8月末の海水浴場開設期間中、15万1800人が利用した。一昨年は7月1日~8月末に設置し、約40万6600人だった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus