ハーブと暮らす

寄せ植えで、おうち時間を満喫しよう

 数種類のハーブを一つの鉢で育てる寄せ植えは、ベランダなどの省スペースで、ハーブの彩りや香りを楽しめます。苗を5~6種、植える場合は直径30センチくらいの植木鉢を、2~3種類なら直径15センチくらいの鉢を用意しましょう。

 次に苗の選び方です。料理にハーブを活用したいなら、ローズマリー、バジル、スペアミント、レモンタイムを。ローズマリー、スペアミントは肉料理に、レモンタイムは魚料理と相性抜群です。ハーブティーを楽しみたい人は、ペパーミント、レモンバーム、ジャーマンカモミールなどをおすすめします。

 おしゃれに見えるように植える、ちょっとしたポイントがあります。それは葉の色や形、手触りが異なる苗を組み合わせることです。今回は、葉がシャープなローズマリーに、ふわっとした葉のスペアミント、明るい黄緑のバジルを合わせました。水は毎日与えず、土が乾いたらたっぷりと。スペアミントはミンチ肉に刻んで混ぜてギョーザにするのがおすすめ。太陽を浴びぐんぐん育ったら、どんどん活用しましょう。

 ■小早川愛(こばやかわ・あい) ハーブコンシェルジュ。日本薬科大「漢方アロマコース」講師。4児の母で、老舗ハーブ農場「ポタジェガーデン」で勤務中。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus