ヘルスケア

子宮移植、条件付き容認 慶応大が実施計画

 病気で子宮がない女性が出産できるようにするため第三者の子宮を移植する「子宮移植」をめぐり、日本医学会の検討委員会は14日、条件付きで実施を容認する報告書をまとめた。これを受け、慶応大のチームは近く、生まれつき子宮のないロキタンスキー症候群の女性らを対象に子宮を移植する国内初の臨床研究の実施計画を同大学の倫理委員会に申請する方針。提供者は患者の母親ら親族を想定している。

 報告書では、条件としてロキタンスキー症候群の患者の診断や治療などで総合的に支援する体制を関係学会が整えることを挙げた。政府などに向けて、移植医療の原則である脳死提供者からの移植ができるような法令改正も提言した。

 日本産科婦人科学会と日本移植学会が共同で実施検討委員会を設置し、移植を行う機関の倫理委員会の報告を検証することも要求。移植を行う医療機関には少数に限定し、臨床研究として行うことを条件とした。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus