ヘルスケア

ES細胞だけでマウス卵巣の組織 九大など世界初作製

 九州大などの研究チームは16日、多様な細胞に変化できるマウスの胚性幹細胞(ES細胞)だけを使い、卵巣の中で卵子を形成し成熟させる組織「卵胞」の作製に世界で初めて成功したと発表した。人の卵胞作製にも応用できるとみられ、不妊治療の研究に役立つ可能性があるとしている。

 卵胞は、卵巣のもとになる細胞と卵子のもとになる細胞から作られる。チームはそれぞれをES細胞から作り、混合して培養することで卵胞を作製した。卵胞はきちんと機能して卵子を形成し、人工授精すると正常なマウスが生まれた。人工多能性幹細胞(iPS細胞)でも、卵胞の作製まで成功しているという。

 チームはこれまで、ES細胞やiPS細胞からは卵子のもとの細胞しか作れなかった。そのため、マウスの胎仔(たいし)から採取した卵巣のもとの細胞を使って卵胞を作製し、卵子の形成や子マウス誕生を実現していた。

 だが今回は、マウスの体内で卵巣のもとの細胞ができる際の遺伝子の働きを詳しく解析して応用し、ES細胞から卵巣のもとの細胞を作ることに成功した。

 従来の方法の人への応用は、胎児から卵巣のもとの細胞を採取する必要があるため不可能だった。だが採取が不要になり、ES細胞だけで人の卵胞を作製できる可能性が見えてきた。

 林克彦九州大教授は「人の卵胞を作製して卵子の形成過程を調べれば、不妊の原因解明や治療法開発につながる。将来は卵巣全体を作りたい」と話した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus