ライフ

ハンセン病患者隔離の象徴、愛生園「十坪住宅」修復

 岡山県瀬戸内市の国立ハンセン病療養所「長島愛生園」で、患者向けの広さ約10坪(約33平方メートル)の狭小な住居「十坪(とつぼ)住宅」1棟を、ボランティア団体「ゆいの会」(岡山市)が修復し24日、記念式典を開いた。十坪住宅は、国の強制隔離政策の象徴とされる。主に戦前に建てられ、老朽化が著しく、同会などが現存する5棟の保存に向けた取り組みを進めている。

 同会によると、十坪住宅は木造平屋で1棟に複数の患者が生活。愛生園が昭和5年に開園して以降、各県で患者を療養所に強制収容する「無らい県運動」が広がり、愛生園では入所者が定員の400人を超えた。住居不足を解消する目的で十坪住宅が考案され、19年までに園内に149棟が建設された。資金は国民から寄付で募り、患者自らが建設した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus