ライフ

台風8号、東北横断の恐れ 未明に上陸し日本海へ

 台風8号は東北の太平洋沿岸に沿って北上を続け、28日未明にかけて東北に上陸、同日中に横断して日本海に抜ける見通しだ。東北の太平洋側に台風が最初に上陸すれば昭和26年の統計開始以来2例目で、福島県や宮城県への上陸は初。気象庁は土砂災害や低地の浸水、河川の増水・氾濫に警戒を呼び掛けている。

 東京五輪は27日夕方から台風の進路に当たる茨城県や宮城県の会場で女子サッカーが行われた。宮城県の会場では約280人のボランティアが担う予定だった観客の誘導などが中止となった。

 JR東日本は27日夕方から山形新幹線上下8本や一部在来線の運休を実施。山形新幹線は28日の始発からの運転再開を見込んでいる。宮城県沿岸部の名取市など一部自治体は自主避難所を設け、高齢者らを受け入れた。気象庁によると、台風の影響で東北や東日本は大気の状態が非常に不安定になり、28日にかけて雷を伴った非常に激しい雨が降る場所がありそうだ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus