ヘルスケア

小池都知事が帰省「もうあきらめて」 コロナ感染拡大を災害級の危機と表現

 「今、最大級、災害級の危機を迎えている」-。東京都の小池百合子知事は13日の定例会見で、新型コロナウイルスの感染拡大に、強い危機感を表明した。感染抑制に向けて人流の5割削減を目指す意向を示し、お盆休みの帰省や旅行については「延期や中止などを『考えてください』ではなく、今年はもうあきらめていただきたい」と呼びかけた。

 都内ではこの日、新規感染者数、重症者数とも過去最多を更新した。小池氏は「酸素吸入や人工呼吸器の必要な人たちがこのまま増えると、命を救うための十分な医療が受けられなくなる可能性がある。他の疾病の方々にもしわ寄せが行く」と危機感を募らせた。

 その上で、「人流は私たちの意思で抑えられる。今抑えないと助かる命も助からなくなる」と強調。政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会が12日、都内の今後2週間の人流について「(緊急事態宣言前の)7月前半の約5割にする必要がある」と提言したことなどを受け、「あなたが外出を控えることで50%に届くかもしれない」と協力を呼びかけた。

 さらに「今すべきことなのか、不要不急ではないのか。感染拡大が収まってから延期することはできないのか、そのようなことを訴えている」と述べ、お盆休み中の旅行や帰省を再考するよう要請。「若いから、健康だから、既往症がないから大丈夫ということは通じない。ぜひ発想を変え、ともにデルタ株という強敵に対峙(たいじ)したい」と訴えた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus