ライフ

眞子さま、複雑性PTSDと診断受けられる 宮内庁

 宮内庁は1日、秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまが医師から「複雑性PTSD(心的外傷後ストレス障害)」との診断を受けられたと明らかにした。

 宮内庁の発表に同席した医師は、結婚に関して自身や家族、婚約内定相手の小室圭さん(29)や小室さんの家族に対しての、誹謗(ひぼう)中傷と感じるできごとを、長期にわたり反復的に体験された結果と説明。眞子さまは結婚後、平穏で幸福な生活を送りたいという願いが不可能となってしまう恐怖を感じるようになり、自分を価値がないものと考えたり、以前と比べてほかの人との関係を避けるようになったりされているという。

 医師によると、複雑性PTSDは、PTSDの中でも持続的な症状がみられる人に診断される。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus