ヘルスケア

「状況悪化なら機動的に対処」新型変異株に警戒

 松野博一官房長官は26日の記者会見で、南アフリカで確認された新型コロナウイルスの新たな変異株への水際対策について、「感染が拡大するなど、状況が悪化する場合には機動的に対処していく」と警戒感を示した。

 松野氏は変異株について「感染性などが増している可能性があるとの報道がある」とし、情報収集を急ぐ意向を示した。

 南アでは首都プレトリアや最大都市ヨハネスブルクのあるハウテン州でこの変異株の確認例が急増している。隣国ボツワナや香港でも見つかった。香港の例は南アからの旅行者だった。

 新たな変異株は、これまでの変異株と比べ、遺伝子に多くの変異が生じているのが特徴という。免疫を回避する性質や高い感染力を持つ恐れがあり、専門家が慎重に検証している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus