「この“硯箱”とは、京都の新門前の古美術店で出合いました。骨董品選びには、馴染みのお店を持つことや店主との関係も大事だと思います」と話す原氏。

このニュースへ