サイトマップ RSS

東京でビットコイン取引停止 400億円消失の恐れ (1/4ページ)

2014.2.27 09:30

取引停止を発表した仮想通貨ビットコインの取引仲介会社「マウントゴックス」が入っていたビル(数日前に退去していた)に報道陣が駆けつけた。マウントゴックスに直接問い合わせに来た男性(右端)を報道陣が囲んだ=2014年2月26日午前、東京都渋谷区(栗橋隆悦撮影)

取引停止を発表した仮想通貨ビットコインの取引仲介会社「マウントゴックス」が入っていたビル(数日前に退去していた)に報道陣が駆けつけた。マウントゴックスに直接問い合わせに来た男性(右端)を報道陣が囲んだ=2014年2月26日午前、東京都渋谷区(栗橋隆悦撮影)【拡大】

  • インターネット上の仮想通貨ビットコインの仕組み=2014年2月26日現在
  • インターネット上の仮想通貨ビットコインへの各国対応=2014年2月26日現在

 インターネット上の仮想通貨ビットコインの世界最大級取引所「マウントゴックス」(東京)のサイト上に「全ての取引を当面停止する」との声明が2月26日までに掲示された。英紙フィナンシャル・タイムズによると、4億ドル(約400億円)規模の資産が宙に浮く恐れがある。

 米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は、米ニューヨーク連邦地検がマウントゴックスに対し召喚状を送ったと、問題に詳しい筋の情報として伝えた。捜査当局の動きが表面化したのは初めて。

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は26日の記者会見で「金融庁や警察庁などの関係省庁が情報を収集している」と述べ、調査を始めたことを明らかにした。金融庁は「所管する金融業界への影響を注視している」としている。

 マウントゴックスのサイトは日本時間の25日昼ごろにアクセス不能となっていた。声明文が25日深夜から26日未明にかけて掲示された。取引停止の理由を「サイトと利用者を保護するため」としているが、それ以上の説明はなく、復旧の見通しも示していない。今月(2月)7日にも、引き出し業務を一時停止するトラブルを起こしていた。

揺らぐ信頼 「国籍」なき仮想通貨

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ