サイトマップ RSS

ウィーン シェーンブルン宮殿 王朝気分 世界遺産に宿泊 (1/2ページ)

2014.4.18 11:30

  • オーストリア・首都ウィーン

 かつてヨーロッパの多くの国々を支配し、「日没なき帝国」とたたえられたハプスブルク家の栄光を今に伝え、オーストリア・ウィーンの人気観光スポットにもなっている「シェーンブルン宮殿」が新たに宿泊できるように生まれ変わり、4月30日から予約を開始する。これまで1441室あるうちの45室だけが昼間の時間帯に限って一般公開されていたが、今後は王朝気分で宮殿の夜を過ごすことができそうだ。

 宿泊にあたっては40万ユーロ(約5600万円)をかけて改装。部屋はすべてスイートルームで、赤と白を基調としたインテリアの随所にはゴールドが散りばめられ、とても豪華な印象だ。また、マリア・テレジア型シャンデリアと呼ばれる、金属板アームをクリスタルガラスで挟み込み、一本一本真鍮(しんちゅう)線を用いて両端を花形のクリスタル飾りで留めた手の込んだアンティークなシャンデリアが頭上に輝く。

 2つのベッドルームに、キッチンとダイニングルームが付いて4人は泊まれるという。ちなみに1泊1人あたり699ユーロ(960ドル・約10万円)から。

 さらに優雅な宮廷生活を求めるなら追加料金を支払って、執事やシェフを雇ったり、馬車での移動もできる。

ウィーン会議、米ソ会談…歴史を感じながら

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ