サイトマップ RSS

「おしどり夫婦」の真実 鳥は4割が浮気の子、人間は? (3/3ページ)

2015.4.3 11:20

ヨーロッパでは赤ちゃんを運んで来る鳥として有名なコウノトリは一夫一婦=2015年1月31日(唐木英明さん撮影)

ヨーロッパでは赤ちゃんを運んで来る鳥として有名なコウノトリは一夫一婦=2015年1月31日(唐木英明さん撮影)【拡大】

  • フラミンゴの色は餌の藍藻(らんそう)の色。大きな群れで暮らすが、夫婦はお互いを見分けている=2015年2月27日(唐木英明さん撮影)
  • ツクシガモは一夫多妻が一般的なカモの仲間には珍しい一夫一婦=2015年2月28日(唐木英明さん撮影)
  • オスがきれいでメスが地味なオシドリは一夫多妻の典型=2015年2月28日(唐木英明さん撮影)
  • ニワトリは東南アジアの野鶏を家畜化したもので、一夫多妻=2015年2月28日(唐木英明さん撮影)
  • スズメ、カラスなど、身近な鳥の大部分は雌雄の外見がほとんど同じで一夫一婦=2015年3月14日(唐木英明さん撮影)
  • 東京大学名誉教授、唐木英明さん=2015年3月3日(田中幸美撮影)

 一夫多妻の鳥の特徴はオスがきれいでメスが地味なこと。地味な姿は敵に見つからないための作戦で、きれいなオスは敵に見つかりやすくその寿命は短い。それなのになぜ、メスはきれいなオスを選ぶのだろうか。それは、一番きれいなオスを選ぶことで自分の息子が一番になれば、息子が一気に遺伝子を増やしてくれるからだ。

 息子の寿命が短くても、孫が多ければ母親の遺伝子は未来へと引き継がれる。気楽そうに見える鳥たちも、実は、遺伝子を増やすための熾烈(しれつ)な戦いをしているのだ。(写真・文:東京大学名誉教授 唐木英明/構成:文化部 平沢裕子/SANKEI EXPRESS

 ■からき・ひであき 1941年、東京都生まれ。73歳。東大名誉教授。獣医師。公益財団法人「食の安全・安心財団」理事長。著書に『不安の構造』など。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ