サイトマップ RSS

動物園のライブラリーをつくる 幅允孝 (4/5ページ)

2015.7.7 15:30

リオープンに向けて準備が進む京都市動物園のライブラリー=2015年7月3日、京都市左京区(提供写真)

リオープンに向けて準備が進む京都市動物園のライブラリー=2015年7月3日、京都市左京区(提供写真)【拡大】

  • 【本の話をしよう】ブックディレクター、幅允孝(はば・よしたか)さん(山下亮一さん撮影、提供写真)

 この場所ならでは

 次に気をつけたのが、この動物園の磁場を大切にすること。つまり、京都市動物園ならではの本とは何か?ということを、企画中ずっと僕は考えていた。岩合光昭の動物写真は誰もが喜ぶだろうし、ミロコマチコの絵本もすてきだ。手に取りやすく愉しい動物本はたくさんある。けれど、京都の動物園だからこそ手に取りたくなる本とは何なのか?

 今回注目したのは、京都市動物園で写生をした絵描きたちの足跡だ。明治以降の京都画壇はじつに多くの画家たちを輩出してきた。彼らは円山四条派を中心とした近世の伝統を受け継ぎながら、西洋の技法も取り入れ、独特の世界観を形づくった。なかでも幸野楳嶺(こうの・ばいれい)門下で「楳嶺四天王」の筆頭と呼ばれる竹内栖鳳(せいほう)はじつに見事な動物の絵を何枚も描いたことで知られている。

リオープンは来週

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ