サイトマップ RSS

【Message from the Ocean】(9)バハマ 「人食いザメ」は本当に怖いのか (1/4ページ)

2015.7.9 14:00

草原のような海草の上を優雅に泳ぐタイガーシャーク=2014年3月5日、バハマ(越智隆治さん撮影)

草原のような海草の上を優雅に泳ぐタイガーシャーク=2014年3月5日、バハマ(越智隆治さん撮影)【拡大】

  • 冒険心と一歩踏み出す勇気があれば、タイガーシャークとこんなに近づくことができる=2014年3月5日、バハマ(越智隆治さん撮影)
  • タイガーシャークを上下逆さまにして、手玉にとるガイド。こんなにおとなしいとは、意外だった=2014年3月5日、バハマ(越智隆治さん撮影)
  • カメラハウジングのポートにまでぶつかるほど接近してくるタイガーシャーク。よく見ると愛嬌(あいきょう)のある顔をしている=2014年3月7日、バハマ(越智隆治さん撮影)
  • タイガーシャーク同様に人気のグレートハンマーヘッドシャーク=2014年3月6日、バハマ(越智隆治さん撮影)
  • フリーの海洋フォトジャーナリスト、越智隆治(おち・たかじ)さん(本人提供)
  • バハマ連邦共和国

 日本では、「人食いザメ」と恐れられている「タイガーシャーク」(イタチザメ)。他のサメたちより、ひと回りもふた回りも大きな体格に、縦に走るトラ模様が特徴のこのサメが姿を見せると、一瞬にしてその場に緊張感が走る。

 しかし、ここにいるダイバーたちは皆、このサメから逃れようとするのではなく、逆に向こうが接近してくれることを望んでいる。できることなら、ぶつかってきてもらいたいと願っているくらいだ。

 10年前までなら、考えられなかった光景だろう。しかし、今ではこのタイガーシャークと泳ぐダイビングは、欧米人ダイバーを中心に人気のダイビングとなっている。

 場所は、太平洋のバハマ連邦共和国海域。私が毎年夏にイルカと泳ぐ海でもある。冬の時期が、このタイガーシャークダイビングのベストシーズンだ。

 水深5、6~10メートル程度の浅い砂地の海底に、サメたちは集まってくる。

 魚の切り身をすり潰してスープ状にしたものを入れた容器に、ポンプで海水をくみ上げて循環させて、それをホースで海に流し続ける。そして、船尾には、ロープでくくり付けた餌付け用の魚の切り身が詰まったカゴを海中に沈める。あっと言う間に、魚やサメたちが群がってくる。

人食いザメ… 映画「JAWS」のイメージ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ