サイトマップ RSS

ハッキングで「ジープ・チェロキー」遠隔操作 米専門家、実験成功 (1/3ページ)

2015.7.25 00:00

昨年1月に行われた北米国際オートショーで発表された2014年モデルのジープ・チェロキー。この車種を含めて約47万台のジープがハッキングによって遠隔操作できるという恐ろしい実験結果が開示された=2014年1月14日、米ミシガン州デトロイト(ロイター)

昨年1月に行われた北米国際オートショーで発表された2014年モデルのジープ・チェロキー。この車種を含めて約47万台のジープがハッキングによって遠隔操作できるという恐ろしい実験結果が開示された=2014年1月14日、米ミシガン州デトロイト(ロイター)【拡大】

 車載コンピューターによって電子制御されている最近のハイテクカーは、ハッキングによって乗っ取られる脆弱性が指摘されているが、米国のコンピューターセキュリティーの専門家2人がフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)製の「ジープ・チェロキー」の安全実験を行ったところ、走行中にもかかわらず、ハッキングによって外部から遠隔操作されてしまうことが分かった。これまでは、走行中の車内でパソコンを車載コンピューターに接続して乗っ取った実験例はあったが、一切車体には触れないで車外の離れた場所から車のコントロールを奪ってしまう実例が示されたのは初めて。慌てたFCAは修正ソフトを配布する。

 AFP通信などによると、ジープの安全実験を行ったのは、米ツイッターでセキュリティー・エンジニアを務める元国家安全保障局(NSA)アナリストのチャーリー・ミラー氏と、米セキュリティー会社IOアクティブの取締役、クリス・バラセック氏。

 急に減速、ハンドルも…

 2人は2014年モデルのジープを対象にし、米セントルイス郊外のハイウエーを時速約110キロで走行中の車の空調やオーディオプレーヤー、エンジンなどを数キロ離れた場所にあるノートパソコンから制御する実験を行った。そして米テクノロジー誌「ワイヤード」(21日発行)に実験結果を発表した。

「エアコン、ラジオ、ワイパーが勝手に動き出したと思ったら、今度は急に車が…」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ