サイトマップ RSS

愛と憎しみの「スター・ウォーズ」 幅允孝 (3/6ページ)

2015.12.6 10:30

「スターウォーズ」のプロモーションでずらりとならんだストーム・トルーパーのレプリカ。彼らは大量に生まれては大量に消えていく=2015年10月20日、中国・首都北京市(ロイター)

「スターウォーズ」のプロモーションでずらりとならんだストーム・トルーパーのレプリカ。彼らは大量に生まれては大量に消えていく=2015年10月20日、中国・首都北京市(ロイター)【拡大】

  • 「スターウォーズはいかにして宇宙を征服したのか」(クリス・テイラー著、児島修訳/パブラボ、4104円、提供写真)
  • 【本の話をしよう】ブックディレクター、幅允孝(はば・よしたか)さん(山下亮一さん撮影、提供写真)

 例えば、スター・ウォーズ・イベントには必ず現れる白い「バケツ」をかぶったストーム・トルーパー軍団。いまや世界最大規模を誇るコスチューム組織となった「第501軍団」と呼ばれる有名なボランティア有志は、サウスカロライナ州の家電量販店に勤めるアルビン・ジョンソンが交通事故に遭い片足を切断せざるを得なかったことがスタート地点になっている。ふさぎ込む彼を励まそうと友人が発案し、「スター・ウォーズ特別編」の公開に合わせて2000ドルで買った小道具をカスタマイズ。それを着て地元の映画館に出かけたのだ。ところが、反応は散々なもの。一人コスプレのジョンソンに対し「残念なやつだな。デートする相手もいないのか」と吐き捨てる輩もいたらしい。ところが、数週間後、友人と2人で再チャレンジした時は、まったく違う見られ方をした。ジョンソンの心にも「スイッチがはいった」という。もともとクローンとして大量に生み出され、大量にやられていく設定のストーム・トルーパーは、数が多いほど見栄えが良くなるということに気づいたのだ。

彼すらも想像できなかった拡張

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ