【試乗インプレ】「離陸するの?」バイクのような怒涛の加速 ホンダ・シビックTYPE R (1/5ページ)

  • 快晴の伊豆スカイラインで富士をバックに。ホンダ・シビックTYPER
  • 快晴の伊豆スカイラインで富士をバックに。ホンダ・シビックTYPER
  • ガンダムです。白ボディだと正面はもうガンダムにしか見えない。ホンダ・シビックTYPER
  • ホンダ・シビックTYPER
  • ホンダ・シビックTYPER
  • ホンダ・シビックTYPER
  • ホンダ・シビックTYPER
  • ホンダ・シビックTYPER
  • ホンダ・シビックTYPER
  • ホンダ・シビックTYPER
  • ホンダ・シビックTYPER
  • ホンダ・シビックTYPER
  • ホンダ・シビックTYPER
  • ホンダ・シビックTYPER
  • 後光が…iPhoneで偶然撮れた1枚。ホンダ・シビックTYPER
  • 伊東の観光スポットであるスコリア丘の大室山をバックに。iPhoneのパノラマモードで撮影。ホンダ・シビックTYPER
  • フロントグリルの銘。ホンダ・シビックTYPER
  • ホンダ・シビックTYPER
  • フロントアンダースポイラー。ホンダ・シビックTYPER
  • ボンネット上のエアインテーク。ホンダ・シビックTYPER
  • 横に張り出したフロントフェンダー。ホンダ・シビックTYPER
  • 前後ドアノブ。前側はスマートエントリー。握って解錠、黒ボタン押しで施錠。ホンダ・シビックTYPER
  • シャークフィンアンテナとルーフスポイラー。ホンダ・シビックTYPER
  • リアウイング、デカいです。ホンダ・シビックTYPER
  • リアフェンダーも少し張り出してます。前から(右)後ろから(左)。ホンダ・シビックTYPER
  • ホンダ・シビックTYPER
  • センター3本出しですよ。ホンダ・シビックTYPER
  • タイヤサイズは前(上)後(下)とも245/30R20。“輸入車”らしく銘柄はコンチネンタル。ホンダ・シビックTYPER
  • サイドミラー。ホンダ・シビックTYPER
  • ブレンボのキャリパー。ホンダ・シビックTYPER
  • 320馬力にトルク40キロを発生する専用設計の2リッター4気筒VTECターボエンジン。ホンダ・シビックTYPER
  • エンジンルームを左右から。ホンダ・シビックTYPER
  • コクピットは至るところに赤いモチーフが。ホンダ・シビックTYPER
  • 中央のメーターはフル液晶。「+R」「S」「コンフォート」の各ドライブモードごとに色使いが変化。下部もブースト計(下左)、Gセンサー(下中)、アクセル開度&ブレーキ圧(下右)など、スポーツカーらしい指標を切り替え表示可能。ホンダ・シビックTYPER
  • ドアを開けて目に飛び込んでくる光景。ホンダ・シビックTYPER
  • 腿までがっちりサポートするフルバケットシート。4点式シートベルトにも対応。ホンダ・シビックTYPER
  • いまどきのナビとしてはちょっと画面小さいかも。ホンダ・シビックTYPER
  • 6速MTながら100キロ巡航時の回転数は2500回転あたりと高め。ホンダ・シビックTYPER
  • アルミ削り出し、ひんやりした手触りが心地いいシフトノブ。ホンダ・シビックTYPER
  • 銘板にはシリアルナンバー。左側にはドライブモード切替スイッチ。ホンダ・シビックTYPER
  • アルミ製スポーツペダル。ホンダ・シビックTYPER
  • センターコンソールのアームレストはスライド&チップアップ式。ホンダ・シビックTYPER
  • 前(上)後(下)のドア内張。ホンダ・シビックTYPER
  • アームレストが省略されている以外は無理のない快適空間が確保されている後席。ハイパフォーマンスカーながら、この実用性が強み。ホンダ・シビックTYPER
  • もちろん荷物もたっぷり積めます。ホンダ・シビックTYPER
  • 後席は左6:右4の分割可倒式。横断幕式トノカバーのデザインが秀逸。ホンダ・シビックTYPER
  • ハッチバックを乗り継いできた人ならこの便利さはわかるはず。グッドデザイン!ホンダ・シビックTYPER
  • せっかくのいい景色、富士だけでお楽しみあれ。【試乗インプレ】ホンダ・シビックTYPER
  • 一つ前の富士山と1枚目、2枚目の画像は、こちらの伊豆スカイライン西丹那駐車場で撮影。【試乗インプレ】ホンダ・シビックTYPER


 前回のシビックセダン/ハッチバックに続き、ハイパフォーマンスモデル、TYPE R(以下タイプRと表記)に試乗した。注目ポイントは、標準車のハッチバックとの価格差が170万円ともう一台クルマが買える金額に見合う走行性能と乗り味が実現しているかだ。320馬力を誇るVTECターボエンジンの韋駄天ぶりと同時に、実用車としての側面がスポイルされていないかなどを、伊豆半島縦断200キロのドライブで試してきた。(文・写真 小島純一)

 「FF最速」の座争う伝説的モデル

 新型はシビックのタイプRとしては5代目にあたる。

 サーキット指向のリアルスポーツカーでありながら、ハッチバックをベースとして高い実用性を兼ねる、いわゆるホットハッチだ。

 1.4トン弱の車重に対し、専用に設計した2リッター4気筒の直噴VTECターボエンジンは320馬力、トルク40.8キロを発生、パワーウエイトレシオは4.3kg/PSと圧倒的なパワーを持つ。組み合わされるミッションはクロスレシオの6速のMTだ。

 ニュルブルクリンクのタイムアタックにおいてFF最速マシンの座をめぐり、ルノー・メガーヌR.S.やVW・ゴルフGTIなどの欧州の名だたるモデルと熾烈なトップ争いを続けている生ける伝説的なモデルである。

 先代は台数限定だったが、今回の新型はカタログモデルであり、購入資金さえ用意できれば誰でも買える。

 正面はガンダムにしか見えない

 まずはメガーヌやゴルフのハイパフォーマンスモデルと比べると、外観に現れた本気度が桁違いだ。

 横に張り出した前後フェンダーやフロントスポイラー、そして何よりリアハッチ上に鎮座する大型のリアスポイラーが、周囲を走るクルマたちを威嚇する。

 シルエット同様、顔つきもアグレッシブで、ガンダム顔傾向の強いホンダ車の中にあって、タイプRの顔はまさに決定版と言えるガンダム度である。特に今回試乗した白ボディーの正面はもうガンダムにしか見えない。前バンパー両サイドの縦に並んだ四角い穴なんか、「もうわざとやってるでしょ」というレベルだ。

 白ボディーを購入し、カッティングシートやステッカーでガンダムルックをコンプリートするユーザーが出るに違いない。是非とも2015年に限定販売されたトヨタの「シャア専用オーリス」と競演していただきたい、と思うくらいだ。

 フルバケットシートの功罪

 内装に目を移すと、安っぽさはないものの、標準車のハッチバックに対して特段高級さを感じるような仕立てではない。

普段使いできる乗り心地と扱いやすさ