【試乗インプレ】オーナーのために作られた超高級コンバーチブル ロールス・ロイス「ドーン」 (1/5ページ)

  • 箱根の富士屋ホテルとロールス・ロイス「ドーン」
  • 箱根の富士屋ホテルとロールス・ロイス「ドーン」
  • ロールス・ロイス「ドーン」
  • ロールス・ロイス「ドーン」
  • ロールス・ロイス「ドーン」。観音開きするコーチドアが特徴の一つ
  • ロールス・ロイス「ドーン」。観音開きするコーチドアが特徴の一つ
  • ロールス・ロイス「ドーン」
  • ロールス・ロイス「ドーン」。リヤシートを囲うウッドデッキがひと際目立つ
  • ロールス・ロイス「ドーン」。リヤシートを囲うウッドデッキがひと際目立つ
  • 高級木材を贅沢に使用したロールス・ロイス「ドーン」。リヤシートを囲うウッドデッキがひと際目立つ
  • 高級木材を贅沢に使用したロールス・ロイス「ドーン」。差し色がお洒落
  • ロールス・ロイスのマスコット「スピリット・オブ・エクスタシー」とエンブレム
  • ウッドパネルのシャッターを閉じて、モニターを隠した状態
  • レザー、ウッド、金属が調和するダッシュボード周り
  • センターコンソール中央のロータリーコントローラーは、ダイアル上部がタッチパッドになっている。右側にはルーフの開閉ボタン
  • 透き通るような美しさの純白メーター
  • 吹き出し口と灯火類スイッチ。写真右のAピラー付近には、両サイドの観音開きドアとトランクを開けるスイッチを配置している
  • アナログ時計
  • メーターフードのレザーももちろん手縫い。その下には電動パーキング、オートホールド、エンジンボタン
  • 独立型のリヤシート。大人でもゆったり座れる広さを誇る
  • 後席のセンターコンソール。後輪駆動のため、直下にはプロペラシャフトが通っている
  • これだけ広ければ後席からの乗り降りも楽ちん
  • ウインドー類の操作スイッチ
  • 金属製のスピーカーとインナーハンドル
  • 英国本社グッドウッドで手作りされている証
  • ドアを開けたら…なんだコレは?答えは次の写真でどうぞ
  • 雨が降っているときはこれをどうぞ
  • ボディカラーにマッチした傘
  • ボディカラーにマッチした傘を開く
  • 精巧に作られた高品質の傘
  • スカイブルーが映える豪華なインテリア
  • ルーフを格納するスペースがあるため、奥行きはあるが高さはない
  • ウッドデッキが開くとルーフが出現
  • ルーフがフロントウィンドーに向けて伸びる
  • ウッドデッキが元の位置に下がり、ルーフ後端が覆いかぶさる
  • 約20秒でルーフを閉じることができる
  • ロールス・ロイス「ドーン」。定番撮影スポットの箱根ターンパイクにて
  • ロールス・ロイス「ドーン」
  • 6.6リッターV12ターボエンジンを搭載
  • すべて開けてみました
  • 6.6リッターV12ターボエンジンを搭載
  • ロールス・ロイス「ドーン」
  • ロールス・ロイスのホイールセンターは回転しないため、中央のエンブレムは走行中も正立を維持する
  • ロールス・ロイス「ドーン」
  • ロールス・ロイス「ドーン」
  • ルーフを閉じたロールス・ロイス「ドーン」
  • ルーフを閉じたロールス・ロイス「ドーン」
  • エンブレムの刺繍。もちろん日の丸やユニオンジャックをオーダーすることもできる
  • シートに施したパイピングもオプション
  • オルガン式ペダルを採用。毛足の長いフカフカの羊毛マットレス
  • 観音開きのドアハンドル。運転手付きで乗るタイプのクルマではないので、自分で開けても大丈夫
  • 人気ドライブスポットの箱根ターンパイクを行く
  • 窓を閉めた状態でも、後席は風の巻き込みが多い
  • 助手席からミラーを覗く
  • 小田原厚木道路を走るロールス・ロイス「ドーン」(アイフォーンで撮影)
  • 箱根を走るロールス・ロイス「ドーン」
  • 箱根を走るロールス・ロイス「ドーン」
  • 箱根を走るロールス・ロイス「ドーン」
  • 箱根ターンパイクを走るロールス・ロイス「ドーン」
  • 箱根を走るロールス・ロイス「ドーン」
  • 箱根で「ドーン」を運転する小島記者。奥には富士山が見える
  • 小涌谷の踏切と箱根登山鉄道
  • 箱根の富士屋ホテルとロールス・ロイス「ドーン」
  • 箱根の富士屋ホテルとロールス・ロイス「ドーン」
  • 箱根の富士屋ホテルとロールス・ロイス「ドーン」
  • ロールス・ロイス「ドーン」のLEDヘッドライト
  • ロールス・ロイスのマスコット「スピリット・オブ・エクスタシー」


 今年最後の【試乗インプレ】を飾るのは、ロールス・ロイスの4シーター・コンバーチブル「ドーン」だ。青空が広がる12月中旬の箱根や都心のオフィス街を舞台に、真冬のオープン走行を敢行してドライブフィールをチェック。4000万円近い超高級車に乗る価値とは何なのか、庶民なりに考えてみた。(文・写真 大竹信生/SankeiBiz)

 「幽霊」を名乗らないドーン

 前回の「ゴースト」の記事でも触れたが、歴代のロールス・ロイスには『幽霊』にまつわる車名が多い。現行ラインアップでいえば、頂点に君臨する「ファントム」やスポーツクーペの「レイス」がそうだ。しかし、このレイスをベースに開発されたオープントップ・モデルのドーン(Dawn)は英語で「夜明け」を意味する。

 『長い夜が明ければ幽霊たちは姿を消し、日の光を浴びて目覚めたドーンが走り出す』

 このクルマはそんなメッセージを発しているのだろうかと、勝手に想像してみた。やはりドーンが一番輝くのは、ルーフを開けて走るときだろう。

 地下駐車場で待っていた広報車は、鮮やかなライトブルーのボディにシルバーのボンネットをかぶせた“インスタ映え”するツートーン仕立て。写真撮影にはもってこいのポップなカラーリングであると同時に、「これ、めちゃくちゃ目立つヤツじゃん! 乗るのにちょっと勇気がいるぞ」と一瞬たじろぎ、その威風堂々とした外観とド派手なカラーのギャップに思わず吹き出す。みんなが見ている前でぶつけるのだけは勘弁だ。

 ドーンを前にして「一体、どんな人がロールス・ロイスを買うのだろうか」などと考えてみた。「全てにおいて最高のものを作る」という同社の哲学に共感した人もいれば、ビジネスで成功した自分へのご褒美に購入する人もいるだろう。さらには「周りから見られている」という意識から、富裕層のマストアイテムとして所有する人もいるはずである。腕時計でいえば、スイスの「パテック・フィリップ」のような存在だ。ちなみに昨年の世界販売台数は4011台。内訳を見ると北米(30%)、欧州(25%)、中東(15%)の順番で、日本では223台が売れたそうだ。

3つの素材を調和させた、豪華絢爛のインテリア