【試乗インプレ】気持ち高ぶる専用設計 MTならではの一体感 スズキ・スイフトスポーツ(後編) (2/3ページ)

  • 2眼メーターを採用している
  • スイスポ専用のフロントシート。赤いステッチとロゴに心躍る
  • 「Sport」の赤い文字が躍るスポーツシート
  • ギヤ比をクロスレシオ化した6MT
  • 本革巻のステアリングと赤いステッチに気持ちが高ぶる
  • 丸い形状が特徴的な空調の操作スイッチ
  • 真っ赤に塗られたタコメーター。カッコいい、美しい!
  • 260キロまで刻まれたスピードメーター。ちなみに標準仕様のスイフトは220キロ
  • ダッシュボードを横切るレッドのインパネガーニッシュ
  • 専用の17インチアルミホイール。前輪は大径の16インチベンチレーテッドディスクを採用している
  • レッドの差し色が印象的な専用デザインのインテリア
  • ラバーグリップ付のステンレス製ABCペダル
  • これだけレッグスペースに余裕があれば、普段使いやファミリーユースでも問題なし
  • 深さのあるトランクルーム
  • リヤシートを倒した状態
  • リヤシートを倒した状態
  • 金属パーツもボディカラーと同じ「チャンピオンイエロー4」に塗装されている
  • スイスポのロゴとテールランプ
  • タコメーターはレッド、スピードメーターはダークシルバーに塗装されている
  • センタークラスター
  • レッドのタコメーターが映えるスイスポのコックピット
  • ダッシュボードを走る鮮やかなレッドの加飾
  • MTでもACCを搭載している
  • ルームミラーとオーバーヘッドコンソール
  • リバースは指で挟んだリングを引き上げるタイプ
  • 運転席右側のエンジンスタート/ストップボタン。MTなのでブレーキとクラッチを踏みながら始動させる
  • 運転席側のドアトリム
  • 十分な広さを確保したインテリア
  • 後席は大人が快適に過ごせる広さを確保している
  • 後席シートも硬めだが、こちらは恐らく標準モデルと同タイプだ
  • レッドの差し色が印象的な専用デザインのインテリア
  • スズキ・スイフトスポーツの運転席周り
  • 3連のエアコン操作スイッチ
  • グローブボックス。USBケーブルも見える
  • 「丸形」がインテリアのアクセントになっている
  • スズキ・スイフトスポーツ
  • スズキ・スイフトスポーツ
  • カーボン調のカバーとマフラー
  • スズキのスイフトスポーツ
  • スズキ・スイフトスポーツのリヤビュー
  • スズキのスイフトスポーツ


 刺激と情熱の「赤」

 インテリアはプレミアム感が漂うスイフトスポーツ専用仕立てだ。セミバケットのフロントシート、時速260キロまで刻まれたスピードメーターとタコメーター、本革巻ステアリングホイール、インパネオーナメント。これらすべてにアクセントとなるレッドの差し色を配し、ただ運転席に座るだけでもドライバーズマインドを掻き立てられる。標準モデルの試乗記にも書いた通り、居住性については必要十分。前席は高いホールド性と程よいクッション性で安定した姿勢をもたらす。後席の足元の広さはちょっとした驚きだった。深さのある荷室は大きなスーツケースやゴルフバッグも収納できそうだ。

 安全技術については標準装備でもかなり充実している印象。広報車はセーフティパッケージを搭載しており、道中では「車線逸脱警報」や「先行車発進お知らせ機能」にお世話になった。実は前走車を自動追従するACCも装備しているのだが、MTとACCの組み合わせがどう機能するのかいまいち理解できなかったため、今回はセーフティファーストで使用を見送った。

 公称燃費は16キロ台。メーターパネルに表示される燃費は負荷の掛け具合によって11~15キロの間を推移していた。32キロ/リットルをたたき出すHVモデルはおろか23キロ前後のガソリンモデルにも遠く及ばないが、スイフトスポーツの燃費を気にしながら走るのはクルマの趣旨を考えると筋違いだ。

すべてを操ることで生まれるクルマとの一体感