「注目ビズ! - IT風土記」:SankeiBiz

IT風土記

有明海を旋回するオプティムが開発した固定翼型のドローン「オプティムホーク」。海面に見える黒い筋が養殖用のノリ網.jpg

佐賀発 ドローンやICTブイで海の異変を察知 有明海で進む次世代型ノリ養殖

 有明海でのノリ養殖が盛んな佐賀県で、ノリのさらなる品質向上と収量アップにつなげようと、ノリ養殖に最新のAI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)技術を活用するプロジェクトが動き出した。ノリ養殖漁場の海面を撮影できるドローンや、海面の水温や比重(塩分濃度)を測定するICT(情報通信技術)ブイを活用して、ノリの生育に悪影響を与える病害や赤潮の発生を早期に検知することを目指している。