ビットコイン先物「不用意な参入控えたい」 JPX清田瞭CEOが慎重姿勢

 
日本取引所グループ(JPX)の清田瞭CEO(森田晶宏撮影)

 日本取引所グループ(JPX)の清田瞭(あきら)最高経営責任者(CEO)は21日の記者会見で、インターネット上の仮想通貨「ビットコイン(BTC)」の先物取引が米取引所で始まったことに関し、「早急で不用意な参入は控えていきたい」と慎重な姿勢を示した。

 今月に入り、米シカゴ・オプション取引所(CBOE)が10日、米CMEグループが18日、BTCの先物取引をそれぞれ始めた。

 清田氏はBTCについて「(金融とITが融合した)『フィンテック』の一つのシンボルとして、私たちの期待以上の金融商品に育つ可能性はあるとは思う」と述べた。

 その一方で、値動きの激しさにも言及し、「リテラシーが必ずしも高くない投資家が参加して不測の損失を被るリスクも考えると、不用意に取引所が参入することには慎重にならざるをえない」と話した。