【ワンタップバイのカンタン投資講座】投資信託運営の仕組み

 

 投資信託は投資家の資金を集めてプロが運用する商品です。運営の仕組み、関係機関をご紹介します。

 販売、解約手続き、運用報告書の交付など投資家に接して事務を行うのが販売会社で、証券会社や銀行が担当します。次に投資信託の財産を株式や債券に投資するときに、銘柄選択や売買タイミングなどの意思決定と運用報告書などの作成を行っているのが投信会社です。いわゆる「ファンド・マネジャー」はこの会社に在籍します。最後に投資信託の財産を管理し、投資信託の基準価額を算出しているのが受託会社で信託銀行の役割です。このように3つの機関が関与しています。

 仮に販売会社が倒産しても事務窓口となる会社が変わるだけです。運用会社が倒産すると、運用自体は停止する可能性が高いですが、投資信託の財産は信託銀行が管理しますので、財産的なリスクはありません。また、財産を管理する信託銀行が倒産しても、信託法により、信託銀行の資産とは切り離されているので財産は保全されます。このように3つの金融機関が分業、相互牽制(けんせい)しながら運営されているのが投資信託です。

 (三好美佐子)