米国債、インフレ見極めが鍵 高まる相関、年内利上げ4回観測

提供:ブルームバーグ

 2018年の米国債市場はインフレ動向に左右されることになりそうだ。米国債の価格は相関関係が従来最も大きかった単月の雇用統計よりも、消費者物価統計の方により敏感になっていることをうかがわせる兆候もある。この変化を受け、低インフレの謎だけでなく、米金融当局が示す今年の利上げペースも考慮する必要が高まる。

 金利とインフレの見通しについて、金融業界の見解は分かれている。ゴールドマン・サックスは、消費者物価の伸びがようやく加速すると予想し、今年は10年債のショート(売り持ち)を勧める。一方、物価上昇が緩やかにとどまると考えるモルガン・スタンレーは「完全にフラット」な利回り曲線の下で低めの長期債利回りを見込む。

 バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BNYメロン)傘下インサイト・インベストメント・マネジメントのスベイン・フローデン氏は「インフレには非常に警戒している。あまり警告がないまま、じわじわと上昇する可能性があるのは確かだ」と指摘。これまでのところ、堅調な米労働市場がインフレに拍車を掛ける状況にはないが、投資家は警戒している。

 JPモルガン・チェースによれば、過去1年間を見ると、変動の大きい食料品とエネルギーを除く消費者物価指数(CPI)のコア指数が予想外の数字となった場合、統計発表から2時間以内の10年債利回りの動きの58%がそれで説明がつく。この割合はそれ以前の2年間の11%から拡大した。

 これに対し、非農業部門雇用者数が予想外の数字となった場合、利回りの動きの6%を説明するにすぎず、その前の2年間の46%から低下した。

 JPモルガンのストラテジスト、ジェイ・バリー氏は「雇用統計の数字が米金融当局が望む水準におおむね達する一方、インフレ率は2%の目標に比べあまりにも低い水準にとどまっていることが逆転の背景にある」と説明する。

 JPモルガンとゴールドマンなどはインフレ加速見通しに最も強気で、コアインフレ率は年末までに2%ないしその近辺に達し、18年に計4回の米利上げに道を開くと予想している。

 ゴールドマンは現時点で2.3%前後で推移する10年債利回りが、18年には3%に達すると予測し、今年のトップトレードの一つとしてショートを勧めている。モルガン・スタンレーは、構造的な諸力によってインフレ率は1.7%で頭打ちになると予想。今年の米利上げ回数は3回となり、10年債利回りは年末時点で2%を下回ると見込む。(ブルームバーグ Elizabeth Stanton、Liz Capo McCormick)