ホテル客室を世界中に確保 旅行予約Cトリップ、提携を模索

提供:ブルームバーグ
梁建章会長(ブルームバーグ)

 インターネット旅行で中国最大手のCトリップ(携程旅行網)の梁建章会長は2日までにブルームバーグ・テレビとのインタビューに応じ、事業拡大に向け、世界中のホテルの部屋を提供してくれる新たな提携先探しを進めていることを明らかにした。

 ライバルである美団(メイチュアン)が昨年実施した40億ドル(約4510億円)の資金調達ラウンドを、Cトリップの少数株主の一社である米プライスライン・グループが主導。これにより、美団は新興企業としては時価総額で世界4位となった。

 梁会長は、Cトリップを米プライスラインのような国際的なサービス企業に転換させたい意向だが、自社サイトを通じて予約される中国以外のホテルはプライスラインが提供するものが多い。同会長はプライスラインによる美団への投資については言及せず、両社が「今もとても良いパートナーである」と述べるにとどめた。

 さらに同氏は、Cトリップは航空券予約サイトの英スカイスキャナーに続き、積極的に買収対象を探しているとも語った。(ブルームバーグ David Ramli)