「ロケットマンは対話を望んでいる」トランプ大統領が投稿

 

 トランプ米大統領は2日、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に対する制裁や圧力が大きな効果を上げているとの考えを示した。北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が平昌冬季五輪への代表団派遣をめぐり、韓国と対話の用意があると表明したことについては、様子を見るとして明確な論評を避けた。ツイッターに投稿した。

 トランプ氏はツイッターで「制裁や『他の』圧力が北朝鮮に大きな影響を及ぼし始めた。兵士は危険を冒して韓国に逃げている」と指摘。「他の」にカギ括弧を付けた真意は不明だが、中国による北朝鮮への圧力などを指している可能性もある。

 また「ロケットマンは今や、韓国と初めて対話をしたいと望んでいる。恐らく良いニュースかもしれないし、そうでないかもしれない。様子を見てみよう!」と書き込んだ。(共同)