中国TPP検討で知財リスク懸念 日本に対する模倣技術さらに巧妙に? (3/4ページ)

2013.6.19 11:00

前部がトヨタ自動車の「カローラ」、後部がホンダの「フィット」を模倣したとされる中国産の乗用車

前部がトヨタ自動車の「カローラ」、後部がホンダの「フィット」を模倣したとされる中国産の乗用車【拡大】

 中国の日本に対する模倣技術の巧妙さは、すでに近年、“急成長”を遂げている。

 中国・上海市。毎年80万人以上が来場する「上海モーターショー」の会場で、元ホンダ知的財産部長で日本知的財産協会の久慈直登専務理事は信じられない現実を知った。数年前のことだ。中国の自動車メーカーが、前部はトヨタ自動車、後部はホンダのデザインを盗用した乗用車を展示していたのだ。

 中国は日本と異なり、製品の一部の形状やデザインなどを登録する「部分意匠制度」が存在しない。つまり、複数の自動車メーカーのデザインを模倣する「切り張り」は、現行の知財関連法に抵触せず「特許情報を吸収した模倣業者の手口が年々進化し、取締当局とのいたちごっこに陥っている」(久慈氏)。

 中国といかに、つきあうか

 日中貿易が強まることで、模倣ビジネスで日本企業を悪用する中国人が増加するのは当然の流れだ。

「全くもって未知数」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。